プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

作り手のハートの入ったおいしいものをいつも、求めています。
玄人の技術には感心しますが
半人前の努力も魅力の一つと思っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 思い出症候群・・・その事件について | メイン | 上海・朱家角に行ってきました。その1 »

2012年3月16日 (金)

思い出症候群・・・その事件について  その2

 (前回の続き)

歩いていく途中、八丁堀の駅から担架で運ばれた人が出てきて

息をしている気配が無かった。「この人を助けるために 地下鉄が

動かなかったのか?」と思い、急ぎ、築地の駅の方へたどっていくと

サイレンが複数鳴り響き、築地本願寺の前はさながら、野戦病院の

ようになっていた。「なんだろう」と不思議に思いながら

沢山の生命が失われたとは全く、解らなかった。

 店に着いてから、けたたましく鳴る電話に出てみると

店によく見える警視庁にお勤めのお客様でその方の電話で

ことの重大さを知ることになった。その方も相当、興奮していた

ようで民間人の自分が知ることの出来ない情報をいち早く、

教えてくれことは、今でも心の中に閉まってしている。

3月20日の出来事を出来るだけ思い出さないように

今年も店を臨時休業し、その情報のない「かの地」に旅立つことにした。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569883/28725613

思い出症候群・・・その事件について  その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

築地 いなせや のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
築地 いなせや