プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

作り手のハートの入ったおいしいものをいつも、求めています。
玄人の技術には感心しますが
半人前の努力も魅力の一つと思っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 13

 今日は月末というのに、東北の県人会のお客様が柱となって、8割のお席が

埋まった。

今日で5月も終わり、昨年、同時期の売り上げを大きく越えて、お客様に

感謝、感謝で5月を〆られた。

 先日、送別会を開いてくださったお客様との出来事。

皆さん、英語がご堪能で当店のメニューに書いてある英語のメニューについ

て、皆さんでなにやら、「この訳し方はおかしい!!」ということに

なったそうだ。特におかしいと言われたのが「コマイ(氷下魚)」

コマイという英訳がなかったので鱈を英訳してsmall cad fish と

解釈した。コマイは鱈科では一番小さい魚なのでまあ、ご愛嬌と

言えばそれまでだが、うちのスタッフに英語でそのメニューを

注文されたようで、うちのスタッフはちんぷんかんぷんで

答えに困っていたところ、「なんだ、英語でメニューが書いてあるから

英語が出来るのかと思った」と言われたそうだ。

お客様は総勢16名様でみなさん、英語がご堪能らしく、そうだ、

そうだとうなずいていたとのこと。

でたらめな英訳をした自分のせいであるがなにか、お客様が

ここぞとばかりに才能をひけらしているようで自分としては

すっきりしない気分だ。日本人の方があげあしを取るために

作ったメニューでなく、英語でメニューが書いてあれば

外国からいらしたお客様とコミュ二ケーションのきっかけに

なればと自分が作った英訳のメニューだ。メニューがでたらめなら

料理もでたらめと思われたら仕方ないが、自分が海外のレストランで

食事をした時にたとえ、完全な意味でないにしろ、日本語の

メニューがあるときは嬉しく思うし、気が利いていると

思ってしまう。そこで考案したものだが、恥をかかされたうちのスタッフが

このメニューをやめましょうと言わなかったのが一筋の光と思う。

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 12

 本日は心配された、台風の直撃も無く昼過ぎには、台風一過のような

青空で仕込も気持ちよく出来た。おかげさまにて、5月にずれ込んだ

歓送迎会で店は満席、仕込みに追われながらもなんとか、最後の

お客様をお見送りすることが出来た。

 今日の夕方、先週の金曜日にご利用頂いたお客様から電話を頂いた。

内容は「あのすみません、証拠はないんですが、金曜日、会計のおつりを

頂いていないんですが・・・」とのこと、

自分がお会計をしていないこともあり、「担当した者から、折り返し

お電話させて頂いても宜しいでしょうか?」というと

「お願いします」と電話を切り、当日、担当した者に聞くと

「おつりはお渡ししましたよ。お会計の際に小銭で10円頂けますか、と

お話して、紙幣でお返ししています」とのことだった。

お客様にお電話し、その内容を話すと「それでは、テーブルに

置きっ放しにしたかもしれません、従業員さんが盗ってませんか?」と

返してきた。なんでこんなこと、言い出すのだろう?

お会計は大事なことで、もし、おつりを貰っていなければ、その場で

言うのが当たり前、増してや曜日を隔てて、もらってない証拠がないのです

がと言うだろうか?挙句の果て、「従業員さんが盗ってませんか?」は

失礼だと思うがどうだろうか?。うちの店に隙があるのかもしれないと

反省もするがなんでこんな世の中になってしまったのか、

 お客様には「置いたという事もわかりませんし、うちの従業員が

盗ることはありません。ひとりで片付けることはめったに無く、

片付ける前に、お忘れ物を確認させるのを第一にしております。」というと

「そうですか、仕方ありません、では」と電話お切りになった。

なにか、腑に落ちない出来事でどうしたらいいのか、課題として

ゆっくり、スタッフと供に、考えたいと思った。

2011年5月29日 (日)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 11

 5月はおかげさまにて、売り上げが前年対比を越えること、確定し

月曜日の台風の動向が気になるところだ。自然の摂理とは言え

関東地方、被災されている地域に台風の影響がないことを祈る。

 いよいよ旬を迎える、生まぐろの入荷状況だが、震災の影響による

気仙沼や塩釜港の損壊による生鮪の水揚げが期待できず、まぐろの価格の

上昇も気に掛かる。まぐろをストックしておけないので相場で

まぐろを買うしかなく、安くておいしいものは、旬であるを信じ、

天然冷凍マグロの品質良さも旬と味わって欲しい。
 

2011年5月28日 (土)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 10

 本日は荒天にも係わらず、満席に。

遅めの歓送迎会が席を埋める。

心から楽しんで頂けたか?そればかりが気になる毎日だ。

 そして、明日は昼宴会を承っており、今週を締めくくる大切な一日。

最高のおもてなしをするという気持ちを忘れずにしっかり、勤め上げたい。

2011年5月27日 (金)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 9

 月曜日からの好運が今週はそのまま続き、本日も満員御礼!

おもてなしがきちんと出来ているか、厨房で追われている自分にとっては

それだけが気がかりで刺身を引きながら、あそこのお客様の料理は

遅れてはいないだろうか、マグロすき焼のだしが煮詰まっていないだろうか

営業中はいろいろ考えながらで心休まることもないがこれがなんとも、

ぜいたくな悩みだ。今日の厨房も大半はひとりで補ったため、

中年を通り越して、そろそろ、初老などと呼ばれる自分の体力の

限界が見え隠れする。肩の張りは膏薬に頼り、なんとか、刺身は

引けるものの、全体的な体力の落ち込みは気力しかないと言える。

2011年5月25日 (水)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 8

 今日、築地市場はお休み。場外の一部の店舗が営業しており、

休市を知らないで来た観光のお客さんの目を楽しませていたが

見物のお客さんが生の魚など、買うことは無く、何店舗かの

にぎわいをよそに白々しいやり取りが繰り広げられていた。

 当店は休市など、関係なく、余震の影響で延びた、歓送迎会で満席。

しかも、6時と6時半に集中したために、てんてこ舞いでいなせや名物の

階段をホールスタッフが上に下へと駆け上がり、駆け下がる。

刺身もお客様が着席したところで盛り込む状況で冷蔵のスペースが

限られているために、本日の50名様分の刺し盛の作り置きができない。

料理が遅くなると宴席がしらけてしまうので冷や汗と一緒に

料理を提供する状況が続く。要注意はドリンクの提供で

15名様の宴席ではあえて、飲み放題をしないで、高い純米酒を

集中してご注文頂き、冷、ぬる燗、熱燗、常温と席ごとに違う提供の

しかたでホールスタッフは間違わないよう、声を掛け合っての

おもてなしになった。この時期に本当に嬉しい悲鳴で

やるっきゃない、頑張るしかないと心に言い聞かせ、

仕事を頂ける喜びをひしひしと感じる一日だった。

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 7

 本日はフリーのお客様もお見え頂き、おかげさまにて満席。

フリーのお客様は女性グループが2組、カップルのお客様が2組と

店がフリーでお見え頂きたい、ターゲットゾーンが的中した。

 会社の飲み会、接待のお客様は前もっての予約が多く、

店の基盤になっているが予約が無い時、集客にいつも苦しんでいる

当店にとっては今から行きたい、食べたいお客様は願ったり、

叶ったりという嬉しい状況だ。増してや、震災の影響も少なからずの

状況、国政も混乱していて、景気が良くなる気配もないのに

満席は贅沢な状態だが満席にならなくてはスタッフの給料も

払えなければ、良い仕入れも出来ない。築地という重荷に耐え、

良い店になる精進への道は持ちつ、持たれつ、お互い様、

良い店にしてあげましょうと言う、隣組の助けがあってのことだと思う。

2011年5月24日 (火)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 6

 本日はあいにくの雨模様で、お客様にご来店頂けるのか・・心配の

月曜日。最近の月曜日は土曜日よりも集客が悪く、頭を抱えるところで

月曜割引を実施しなくては悩むところだ。しかしながら、本日の

予約は5割以上が埋まっており、当日予約でほぼ、満席と

久しぶりに奇跡が起きた。今週の売り上げ次第では前年比を

越えることが出来、そのキーポイントとなる月曜日だけに

大相撲の力士ではないが、勝ちこしの掛かる大一番が今週は

ずっと、続く。

今日は栃木県のお客様、中山様から「たけのこ」が抱えきれないくらい

送られてきた。以前、お見え頂いたとき、中山様の竹やぶから

おいしいたけのこが取れるとお聞きしていて、

「今度、送るよ」とおっしゃったことの有言実行である。

 まずはお電話で感謝を伝え、明日は店のおすすめメニューになる。

2011年5月21日 (土)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 5

 おかげさまにて、本日は目一杯の満席。

朝から、仕込が間に合うか心配で右往左往しながら、鍋でかぼちゃを

炊いたり、お通しのまぐろの南蛮漬けを揚げたり、味付けしたり、

ホワイトボードの仕込み表を埋めていく。絶対にやらなければならない

20個の仕込みとおすすめなどの仕込み、宴会用の仕込など

目が回るほどあるのでボードを埋めていきながら、確認しないと

忘れたら、2倍のプレッシャーになって、跳ね返ってくる。

 そして、本日のような、お誕生日、特別デザートを作る日は

更に、時間を大事に使っていかないと刺身の盛り込みまでの

タイミングを逃して、追われるように仕事をしなくてはいけない。

なんとか、笑顔と供にお客様をお見送りできたが、お誕生日だった方、

2名様と少しでもゆっくり、お話が出来たらと思うと更なる、

時間の使い方を鍛錬しなくてはならない。

2011年5月20日 (金)

2011年 被災地の復興を願い、築地から経済を掻き起こす 4

 昨日は満席で何組もお客様をお断りしたのに、今日はまったり、

席がぽっかり、半分空いてしまった。予約の問い合わせは震災直後と

比べれば、右肩上がりでぐーん、ぐーんと上がっているが

 予約が無い日は全く、厳しい状況。でも、明日はほぼ、満席で

お誕生日の方が二名様いらっしゃるとご相談頂き、デザートは

その方だけに特別メニューをこしらえれことにした。

 まぐろのカマの刺身をどうしても召し上がりたいとのお客様も

 いらして、人数は14名と多いがなんとか、かき集めることが

出来た。お客様の要望をお聞き出来ることで次につながれば

嬉しいし、自分ひとりが頑張ればいいことは全て、やりたい。

築地 いなせや のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
築地 いなせや