プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

作り手のハートの入ったおいしいものをいつも、求めています。
玄人の技術には感心しますが
半人前の努力も魅力の一つと思っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 9

 明日で2月も終わり、春の訪れは嬉しいものの、政治の混乱は

続き、ニュージーランドでは邦人28名の安否が解からないでいる。

 危機管理に対処する日本の政治力が感じられないのも悲しい。

菅内閣は自国のことと思っていないのだろうし、現地のライフラインが破綻

していることが大変なことと思っていないだろう。

 世界の中のニッポンであるべきで、菅直人氏が現地を訪れるのは

当然のことと思うが自国にしか心が向かないようだし、破綻する日本の

予算を通すことより、景気回復の鍵は日本の外にあると思えてならない。

2011年2月26日 (土)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 8

 今日は当店にて「茨城の地酒・霧筑波を愉しむ会」が午後7時より

開催され、和やかな中に会は進み、珍しい「薄にごり」の日本酒や

みなさん、お目当ての大吟醸が披露された。

 実際の参加者は8名様で主催者3名が少しは飲んだとしても

18リットルの瓶の大吟醸を僅か、約1リットルを残しただけで

平らげ、他の霧筑波の初絞りなど、1升瓶5本、これも僅か残して平らげた

ツワモノの面々であった。

 お分かりでしょうが、おひとり1升5合以上を飲まれたことになる。

これが会費5000円とはあまりにもお得な会であり、賞味、当店の料理と

お酒代の原価だけで約15万円も掛かっている計算。

単純な引き算で約11万円を主催者側が負担したことになる。

 大成功に終わった会を今後に導いて頂きたく、参加された皆様には是非、

 茨城の銘酒・霧筑波をご自分のブログやら、お友達に教えるなり、

 浦里酒造・浦里社長の心意気を全国に広げて頂きたいと思う。

 この度、ご尽力を頂いた 浦里酒造 浦里社長 並びに

 勝どき酒販・堀口さんを始め、スタッフの方々、

 本当にお疲れ様でした。

 次回があれば、大変嬉しい話ですが なんせ、酒豪揃いの

 今回でありました。その上、当店、最上階(五階・エレベター無し)

 より、すべり落ちる人もなく、かくしゃくと帰られた面々に

 今一度、敬意を持って、拍手を送りたいと思います。

2011年2月25日 (金)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 7

今日は予約が2組でどうなるかと心配していた通り、

暇暇な一日だった。しかし、スタッフのひとりがひざの痛みで階段の上り下

りが困難であったり、ホールスタッフが前の仕事が長引いて一時間の

遅刻というアクシデントの中、お客様にご迷惑を掛けなかった分

良しと思うようにした。

  明日は当店で茨城の地酒「霧筑波を愉しむ会」のイベントが

 開催され、満員御礼の札止めになった。開催元の勝どき酒販、堀口さんも

 満員には嬉しい悲鳴だろうがイベントの成功の為に

 ご尽力をされており、どんな日本酒が疲労されるのかが、楽しみだ。

 参加者の皆様には当店の名物、まぐろのすき焼きを

 ご堪能頂き、まぐろのおいしい思い出も是非、持ち帰って欲しい。

2011年2月24日 (木)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 6

 当店の理念としてマグロについては天然物にこだわり、いわゆる、養殖の

本マグロなどは一切、使わない。やはり、脂の違いは明らかで

中トロがうまいのは程よい脂の乗り加減だから人気があり、

通人の間では 大トロが敬遠されるのは有名な話だ。

 しかし、価格の面、買いやすさ、扱いやすさでいわゆる回転寿司店や

回転してはいないものの、ネタとシャリは回転寿司並みの店では

使わなくては商売をしていけないだろう。

 ただ、問題なのは天然のマグロと養殖マグロの中トロの

表示が明確でなく、中トロとひとつに束ねられていることが問題で

食育を考慮するならば、スーパーの鮮魚売場のように

マグロを扱う飲食店でももっと、明確に表示すべきで

 「クロアチアの養殖の本マグロの中トロ、おいしいですよ!」と

お客様にお勧めするのと

 「銚子で上がったバチまぐろの中トロ、味の濃い中トロですよ!」と

お客様にお勧めするのではどちらがおいしそうに聞こえるかを

ご判断願いたい。伝える心の中にマグロはもはや、高級魚であり、

どうせ、マグロを食べるなら、300円高くても

養殖よりは天然物を食べたいと思わせたいし、

養殖業者のマグロと漁師さんが命がけで釣り上げたり、はえなわ漁で

捕獲した知恵比べの値にどうぞ、養殖マグロより高い値段で

召し上がって頂き、瞑想の中で自然と人間との営みのすばらしさも

体感して欲しいと思う。

2011年2月23日 (水)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 5

 明日は市場が休みなのでマグロの仕入れは2倍でもろもろ入れれば

20キロ以上の重さの魚たちを4階の厨房に運ぶ。

それ以外にも酒や野菜、おしぼり、ゴミ箱などを

4階まで運ぶのが日課になっている。効率の悪い店を起こしたのは

自分でランチ営業も出来ない構造(人手が掛かり、人件費を考慮

したら採算が合わない)にあえて、挑戦したのは自身過剰の部分も大きい。

そして、入りにくい店にしたのも自分で責任は全て、自分にある。

 しかしながら、自転車操業の商売だが「まぐろすき焼き」の

おかげで六年目の商売に突入し、やるっきゃないの精神で

この難局を切り盛りしながら、期待される店として、お客様の

笑顔がたくさん、生まれる店として、今日もやるっきゃない!!

2011年2月22日 (火)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 4

 当店でコースを注文されるお客様は「まぐろのすき焼き」がお目当てだが

特別コースとしている「極みコース」の鍋の前に出す刺身の盛り合わせは

珍しいまぐろの部位の刺身を日替わりで盛り込むので特に人気が高い。

今日は脂の乗り切った 脳天、脂ばっちりのカマの炙り、歯ごたえの良い

ほほ肉の刺身、まぐろのあごの部分、天然鉢マグロの中トロ、

さっぱりとした赤身のほか、白身を一点を盛り込んだ。

 お客様から「この間は、脳天が入ってなかったよ」と

ご指摘を受けながら「今日は特に良いものが入ったので入れました」と

お答えし、お客様には大変喜んで頂いた。

 まぐろの中トロや良い赤身はまぐろを買えば、それなりに

良いものが手に入るが「脳天やカマ」など

脂の強い部位は当り、はずれがあり、良い品を安定供給するには

マグロの仲卸との信頼が一番。品物が薄いときなど

あえて使わない努力も必要で使ってしまえば、

欠品もありえ、長く続けば営業に支障を来たすのは言うまでもない。

珍しいものだけに囚われてはいい商売が出来ないこと

いつも感じながら、お客様の笑顔を期待しての商売は続いていく。

2011年2月20日 (日)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 3

 昨日の土曜日、築地場内の水神社さんにお参りした後、

頭の頂点にずっしりと幾分、重たいものが当った。

 幸い、帽子を被っていたので怪我などなかったが

ずっしと重みのあった正体は「かもめのふん」だった。

「鳩のふん」の2倍はあろうかとう量にびっくりしたのと

頭に落ちたときに体に飛び散った「ふん」の多さに二度びっくり。

 もし、帽子を被っていなければ、おそろしいことになっていたのは

言うまでもない。(いわゆる、なんとか まみれになるところだった)

  築地は川に面しているが海にも面している。

 かもめが多いのは解かっていたが築地に出入りして26年、

 初めて遭遇した出来事だった。

2011年2月19日 (土)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 2

  今日の築地場内は強い雨があがり、春のような陽射しの中、

 昼過ぎには人気の飲食店には行列が出来ていた。

 自分も昼ご飯は築地のどこかの店で取るようにしているので

 並ぶ時はワクワクしながら並ぶ。自分の店で食べたらと言われるが

 昼時は自分の店の常連さんとお会いできることもあるので

 販促の一環と勉強の為によそさんのお店に行けるのが楽しみだ。

 ただ、うんと仕込があるときは、店の厨房でたまごかけごはんや

 明太子や酒盗などを白いご飯載せて昼食を済ませてしまう。

  そして、欠かせないのが「おやつ」で自分のほか、スタッフも

 楽しみにしていて、店の厨房の棚にはせんべいやチョコレート

 スナック菓子が置いてあり、合間を見て、パリポリやるのが

 仕事の弾みになっている。

 

2011年2月18日 (金)

2011年 やるっきゃない マグロと供に春を迎えて 1

 結局、レギュラーのパソコンはウィルスが入ったらしく、インターネット

への接続が5分と持たず、今度に日曜日に修理に出すことにして

店でたまに使用している マニアには懐かしい IBM Thinkpad との

出番となった。全くの旧型であるが丈夫なのが嬉しい機種だ。

 店の盛況ぶりも相変わらずで昨日は11時半より15名様の団体を

一人で料理を作り、おもてなし、したために、心の底から

心労と疲労が出て、今日の朝、起きるのが本当に辛かった。

 ひとりでおもてなしすることは、その日の仕込が滞ることも

意味しており、それをカバーするために2日掛りの仕込みが

必要でまずは昨日の15名様に喜んで頂き、そのあとの

お客様にも全力で対処していかなければならない。

 当たり前であることが心に負担が掛かり、15日の支払いを

全く忘れて、17日の朝、銀行に慌てていって、振り込んでから先方に

侘びの電話を入れた。

先方は「お一人でやられているの解かってましたから、そう、気にされない

でください」と逆にたしなめられてしまった。

 一生懸命やっているのは解かるものなのか、嬉しいと供に

去年の4月から始めた「私がなんで厨房に??」がすっかり、

板についてきたように思える今日、この頃だ。


2011年2月17日 (木)

2011年 景気回復祈願、不況を脱するにはまず、足元から その12

  ネットへの接続が昨日から出来ません、もしかしたら、

ウィルスがはいったかも?? いつ切れるかわからないので

正常になったら、ブログ書き込みます。

              shigeshige

築地 いなせや のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
築地 いなせや