プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

作り手のハートの入ったおいしいものをいつも、求めています。
玄人の技術には感心しますが
半人前の努力も魅力の一つと思っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

2010年築地から景気回復を願うその23

 今日の築地場外の人出は暮れを思い起こさせる程の混みようだが、ほとん

どの人が通行人で見学者である。買い物をしているのは、歩きながら食べら

れる串に刺さったかまぼこやうなぎ、肉まんなどで干物を買うお客さんはほ

とんど、見られない。固定客のいる干物やはそこそこ売れていたが千円位の

北海道のししゃもが中心だ。紀文総本店ではちくわの着ぐるみを着たキャラ

クターが愛想を振りまいていたがちくわの試食がなくなるばかりで売れてい

るという実感はない。まだまだ、景気回復など気の遠くなる話しかもしれな

い。2月に入ってからの築地では連鎖倒産など、不安でいっぱいだが

向上心を持っていく店にはかならず、お客様が戻ってくると信じる。

2010年築地から景気回復を願うその22

 月末、金曜日の築地場外はやっと、客足が戻った賑わいだが、相変わらず

売れているのは「丸武」の玉子焼き、丸武の袋を提げた人が一番目に付く。

その他、最近、テレビで放映された店に行列ができたりで、にわかの老舗が

はびこるようになった。場外で売り子の手伝いをしている時によく、通行人

から「うまい、寿司やを教えろ!」と尋ねられることがあり、その時は「ど

こも同じ!」と適当に答えていた。人に物を聞く態度かと勘に触ることもあ

り、自分で通ってうまいものを探すのが「本筋」と思っているからだ。

今回、会社更生法を申請した「まぐろ問屋」の負債額は40億円に上るとい

うがまぐろを売り買いしていた担当者に直接の責任はないだけに一切を整理

した上で今まで通り、品質の良いまぐろを安定供給して欲しいものだ。

2010年1月28日 (木)

2010年築地から景気回復を願うその21

 回復を祈願してのブログテーマだったが政治不安による、国会の空転や政

府が抱える国民とかけ離れた問題でごたごたして、景気回復策になる具体案

や見通しのできる明るい材料などないのが実情だ。築地は大手水産会社の倒

産により、負債を抱えた企業が右往左往している。実務レベルで云えば、会

社の経営方針の誤りであり、社員の待遇より、10億円掛け、新本社と工場

を建設したことや体裁を繕う海外事業の失敗が倒産への原因だ。

しかし、鮪などを通じて売る側、買う側、そして売る側になんの問題もなく

資金がショートしたわけでまじめにやってきた社員の責任ではない。

社員の収入が減らないことや次のステップにいけるような救済を築地市場全

体の問題として考えるべきと思う。そして、まぐろを買って商売をしてきた

店にとって、変わらぬ安定供給を祈願するばかりだ。

2010年築地から景気回復を願うその20

 1月27日は休市で築地はひっそりとしていた。たまに行く築地共栄会地下の

ラーメン屋さん北都に新しい店員が入っていた。開店当時からご夫婦でやっ

ていて、特に「塩ラーメン」がお気に入りの店だ。新しい店員が入るという

のは味が変わったり、この人の人件費を補うために値段が上がったりしない

か?心配になった。自分の店も「人件費」が一番高くていつも、頭を悩めて

はいるのでよその店のことも気になってしまう。明日は自分が仕入れした

「ちりめん」が初出荷される記念の日になる。どうぞ、販売先でよく売れる

よう願うばかりだ。店舗の売り上げも伸ばしながら、長年、培った人との繋

がりをもっと、生かして会社の安定も景気回復への一歩と信じる。

2010年1月26日 (火)

2010年築地から景気回復を願うその19

 今日の築地場内の一番のニュースは12月をなんとか切り抜けたものの1月を

越せないマグロの大手問屋が会社更生法を申請したことだ。不景気のあおり

を一気に受けた、量販店の売り上げの減少と支払いサイトの遅さも要因があ

ると思うが海外などへの先行投資の失敗が大きな原因らしい。本業では黒字

でも、将来を見据えたと思う戦略が裏目に出た結果だ。不安は雪崩のように

押し寄せ、何をすべきか?当事者の思いはガラスのようなものだろう。マグ

ロを買う方側としてまた、新しい仕入れ先を探すより、一緒に頑張ってきた

まぐろやに会社の借金を整理してもらい立ち直ってくれる方を自分としては

望みたい。また、取引先の売り渋りがないよう重ねて願う次第である。

2010年1月25日 (月)

2010年築地から景気回復を願うその19

 今日の築地場内は肌に体感する寒さも負けじと休み明けの忙しさでターレ

ー(小型荷物運搬車)を運転する配達員の頬も赤く染まっていた。以前なら

ば寒さを凌ぐために日本酒のカップ酒をお燗してキュッとやったものだが

近年は厳しいご法度の罰金と解雇の理由となるのでまったく、見かけなくな

った。その昔の築地市場といえば、先を急ぐ荷役の間でつかみ合いの喧嘩は

珍しくなかったがみんな大人しくなってきたように思える。現役のプロレス

ラーの中に築地市場で働いていた村上和成もいたり、空手の猛者もいた。

飲めば必ず、暴れる輩もいて、市場で働く者の「癖」が粋であったり、

力仕事が主な職場の中で上司や仲間とのコミュニケーションは痛くもあり、

酒を飲んだ翌朝にはすっきり、忘れてしまうことも、五月の空の鯉のように

お腹の中はからっぽもまた、「粋」である。

2010年1月23日 (土)

2010年築地から景気回復を願うその18

 土曜日の場外は観光バスを筆頭に観光客がひしめき合って築地場外の細い

路地を「ここはさっき、通った?!」と確認しながら行列を作って歩いてい

く。大抵、先頭を歩く「おばさん?」が物を買うところの基準、いって見れ

ば「 ちから と あいまいな知識 」を持っていて、その人の意見が買い

物をする人へのアドバイスになる。観光に来たのだから余計な知識はいらな

いとしても、売る側の理念と常識は弁えて欲しいと思う。一番多いのは

「三個買うから、千円にして!」と何を基準に値段を断定するのか?

全く、考える余地もない。「向こうの店の明太子が安かった!!」「あら、

買って来ちゃったわ!」「冷蔵庫にまだ、いっぱいあるからいらない!」な

ど、買わない理由はたくさんあるから、いいけれど、「お宅の冷蔵庫の在庫

の物とうちの品物を一緒と思うべからず!!」と声を大にして言いたい。

2010年1月22日 (金)

2010年築地から景気回復を願うその17

 今日の築地市場は金曜日ということもあってか?観光客で場内外のすし店

は賑わい、寿司どんぶりの店もそこそこ、席が埋まっていたが入っていない

店はゼロと両極端なのは行列できる店にお客さんは並ぶが人のいない店には

入らないの鉄則があるように見受けられる。場外の干物を売る店でも人だか

りのする店はお客さんの足も止まるが買う気のないお客さんは離れるのも早

い。よっぽど、安くなければ買わない人や品質の悪いものでも量が多ければ

買う観光客を見透かした商売の「おごるよ!たらこや」は諸事情があったの

か?ついに閉店となった。近所の問屋さんはやっと、平穏が戻ったと安堵の

声を上げて、落ち着いて商売できると喜んでいた。今後、築地の将来

を考えて、きちんとした商品を売る店の台頭を願い、発展に努力する店を応

援したい。

2010年1月21日 (木)

2010年築地から景気回復を願うその16

 今日の築地場内は水曜日ということもあり、いつもより暇な気がする。

たびたび、水曜日を休市とすることがあり、旅行会社が企画の日にちに水曜

日を避けていることも要因と思うが仕入れのお客さんも中休みを決め込んで

いるかもしれない。本日ご来店のお客様の70%が前の店からのご常連で当店

だけでも5回以上は来店頂いている大事なお客様でお出しする料理がお任せと

なっており、いつも、緊張する。昔からの常連のお客様は「もつ鍋」を希望

されるお客様も多く、18年前と同じ味であることを心がけている。

材料、調味料もほとんど変わっていないが昆布出しに関しては天然を使用し

ている。以前は、昆布エキスを使用していたが手間を惜しまず、天然の昆布

から抽出しているので以前より味のえぐみが和らいだと思う。

味は時代に反映させ、進化して「プロ」の仕事だ。

2010年1月19日 (火)

2010年築地から景気回復を願うその15

 今日は昼から宴席があったために、築地場外へ踏み込むことなく、群馬県

前橋からのお見えのお客様を接待のために宴席を設けてくれた東京築地荷受

様、総勢18名の宴席となった。お出しした「辛子明太子と玉子焼き」がおい

しいので買って帰りたいとの申し出を受けて、築地場外の地図を渡し、丸を

付けて「こちらでしか、売ってません」と説明したところ、その問屋のおか

みさんから、「今日は明太子を買いに来る団体が来た」とお礼の言葉を頂い

た。商売は口コミで広がってこそ、真価があるということ、確認した日でも

あった。その後、午後四時から常連さんが「4名、飲ましてくれる?」と電話

があり、午後6時を過ぎる頃には満席となり、今年、一番の来客数を記録

し、それに伴い、売り上げも最高額と「大入り」を出す嬉しい悲鳴を上げ

た。明日も常連さんで9割がた席が埋まっているので気を引き締めて、頑張

る。

築地 いなせや のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
築地 いなせや