プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

作り手のハートの入ったおいしいものをいつも、求めています。
玄人の技術には感心しますが
半人前の努力も魅力の一つと思っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その23

 築地場外の駐車場には今日もたくさんの観光バスが来ていた。観光客の目

当ては、テリー伊藤さんのご実家が経営している「玉子焼きの丸武」が一番

多く、テリー伊藤さんの好感度の表れといっていいし、そのおかげで各玉子

焼き専門店も「築地名物」を売る店としての位置を築きつつある。もともと

一番有名なのは「松露」の玉子焼きで首都圏のデパートでも買うことが出来

るが築地本店のは一味違うと思って買ってほしいし、出来るなら、自分が贔

屓にしている「大定」玉子焼きとも是非、味比べをしてほしいと思う。マイ

玉子焼きを探してみることも出来るほど、築地は玉子焼きを売る店が多いの

だ。明太子もおいしいものが買えるがそろそろ、築地での在庫が尽きると噂

されている、北海道・噴火湾で獲れた、近海子の卵を漬けこんだ、かねふく

の辛子明太子を探して買って欲しい。年末まで冷凍して大晦日に解凍すれ

ば、おいしい明太子が元旦に食べられるのだ。(以下次号)

2009年10月30日 (金)

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その22

 休市明けの今日の場内外とも、買い出しの人はまばらで場内の有名寿司店

に並ぶ行列だけが目立つだけで、仲買人たちの苛立ちよりも、諦めのため息

が聞こえてくるようで寂しい限りだ。場内で行きつけて25年、インドカレ

ーの「中栄」でインドカレー(500円)を注文、刻みキャベツが山盛り乗

せられたインドカレーを堪能した。噂の合いがけも注文できる店としても有

名で定番の合いがけは「インドカレーとハヤシ600円」でビーフカレーと

の組み合わせも出来る。味は賛否両論であるが自分はしゃり(ごはん)がお

いしいこと(香りも良い)で築地では安くて一番おいしいと思う。ちなみに

野菜スープ300円もお薦めで自分が注文する時はカレーのしゃりの量を減

らしてもらってちょうど良い腹具合にする。(以下次号)

2009年10月29日 (木)

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その21

 築地場外市場ももうすぐ、11月を迎え、どの店も今年の暮の売り出し物の

目玉を色々考えなくてはならず、模索している最中だ。当、築地いなせやで

もある場外の店と契約して、自店の商品を売ることになり、商品の公表はま

だ先になるが乞う、ご期待願いたい。昨日は早々に店をスタッフに任せて、

その商品の本家本元にご挨拶に伺い、その店の「おやっさん」の京都おばん

さい料理をご馳走になった。初物の「てっさ」や塩分を控えて、出汁で食べ

させてくれる各、おばんさいに感激しながら、近頃の築地場外のことが話題

になり、例の「大声・おごるよ!たらこ屋」のせいで場外のメインストリー

トは上野アメ横と同じになったと嘆いておられた。築地は買うものがなくて

も、立ちよる店と情報交換をするのが来店されるお客様に奉仕出来る最短の

道と考えているし、話のできないような大声で品物を売る店の出現で築地の

雰囲気は壊れたとも言っておられたのが心に残る。(以下次号)

2009年10月27日 (火)

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その20

 築地場外、門跡通りにはまだまだ、紹介しきれない店があるが正直、紹介

しきれない店は行きたくない店でもある。先に紹介した「S」以外はいきな

り、寿司どんぶりでオープンした店ばかりで、寿司を握れる職人がいない店

と断定している。しかし、寿司は「江戸時代のファーストフード」であり、

もっと、身近か、食べるお客さんの目的や状況を見て、握るしゃりやネタな

ど刃の鍔迫り合いにも似た、阿吽の呼吸で握るのが職人であり、つけ台の前

に座るお客さんも今日の財布に入っているお金で足りるだろうかドキドキす

る場面でもあった。24時間営業している店で「〆たてのカンパチはおいし

いですよ」と勧められた。自店の調理場の後輩と一緒だったこともあり、本

当だろうかと注文して見たところ、〆たてである養殖のカンパチの弾力とシ

ャリは一致しないものとなり、この職人は経験もない、嘘付きと判明してか

ら、この寿司店の営業している時間帯にどうしても行かなければならない時

はお通しとお新香とビール、焼酎のお茶割以外の注文は遠慮している。

2009年10月26日 (月)

2009年・大みそかまで  今年の築地場外事情ー19

 今日は雨の月曜日ということでどこの問屋、飲食店もお客さんはまばらで

例の「大声・おごるよ、たらこや」も女性ばかりで「もう、終わるよ、半

値!半値!」と声を上げていた。だみ声より聞こえは良いが築地場外市場で

は似合わない売り方だ。相変わらず、バスで乗り付けた観光客相手におまけ

しちゃうよとトレイにパックされた明太子?を売っていた。毎日、違うメー

カーの明太子を売っていても、表示は博多のHののぼりをはずさない。

買って帰るお客様、まずいものを掴まされて、築地をうらんだり、嫌いにな

らないことを祈るばかりだ。おしどり夫婦で有名な?「合がけ・牛丼とカレ

ーの大森も築地場外の名店のひとつだ。B級グルメながら、代表的な2種類を

一度に楽しめる、うれしいお店だ。(以下次号)

2009年10月24日 (土)

2009年・大みそかまで  築地場外事情ー18

 築地場外門跡通りにあるラーメン店は「I」の他、2店あり、一軒はすぐ隔

ててとなりで、お客さんの集まりはいまいち、味はまあ普通だがどんぶりが

メラニンで「ふた昔前の社員食堂」といった風で再来はしていない。もう一

軒は若葉という店で極細の麺を売り物に「シナそば」風で二杯は食べられそ

うなラーメンで愛想のいい接客で昼時は行列の出きる店だ。一度、スマップ

の草薙くんが食べていたのを見かけたことがあるし、大盛りをやっていない

店なので本当に続けて2杯食べていた男性に遭遇したこともある。あとは深大

寺そばの「まるよ」も行列の出きる名店だ。てんぷらがたくさん並んで

いるのでそれほど、お腹のすいてない外国人がてんぷらだけを注文すると

「ヌードル・オンリー」と追い払うのも辛口で見ていて楽しくなる。味は関

東風でちょい濃い目だがてんぷらをたくさん入れて食べるのには抜群の醤油

加減だ。

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その17

 築地場外門跡通りで一番の集客をしているのは「ラーメンのI」だ。行列

が行列を生み、今でも築地場外の名物だ。私は24年前に食べたきり、一度

も口にしていないがその理由はIの従業員がくわえたばこで麺を湯がいたの

を見てからでその店が並ぶ理由を従業員が「安いからだ」と言い切ったこと

もある。連日並ぶお客さんのおかげで影となり、となりの食器屋は数年前に

店をたたみ、いまだに並ぶお客さんの交通整理をしていない店の姿勢も自分

としては頂けないところだ。自分は二軒先にあった「静の屋」のファンで日

本そば屋から転身した濃くのあるだしとお客さんへの心遣いで虜になったが

店主・川名氏の急逝ののち、おかみさんがアルバイトを雇い、損得無しで頑

張っていたが持病の腰痛の為、店を断念してそろそろ10年近くが立つ。

築地場外の店も後継者不足で次々と閉める店も出てきて60年の歴史を持つ、

中華の老舗・福新楼も今年、9月で閉店したのも寂しい。

2009年10月23日 (金)

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その16

 築地場外で一番最初に店を閉める寿司どんぶりの店はSだ。築地4丁目交差

点から門跡通りの終わる手前の店なのですぐにわかる。この通りでは一番古

い老舗のどんぶりやだが以前は、ジョナサンのすぐ真下あたりにあったが

建て替えで今の位置に店が移ってきた。その昔はメガネをかけた偏屈の親

父さんが寿司を折詰にして売っていて、場外を代表するファーストフードだ

った。いつのまにかどんぶりの上にまぐろを乗せたものを売り出し、テレビ

のグルメ番組などに取り上げられて、行列を作る人気店になった。しかし、

商売っ気がないのか?体調の関係か店を休むことが多く、親父さんは店を

閉め、今では代替わりをして、寿司どんぶりだけの店になった。お昼前に店

を閉める伝統はなぜか守られて、今も昼前には、にこやかに閉店している様

子を見ることができる。(以下次号)

2009年10月21日 (水)

2009年大みそかまで 築地場外事情ー15

 場内の有名寿司店、2店は「店長のお任せにぎり3150円」を3500

円に値上げしても、毎日D店は900人前後の来店、S店も700人前後の来

店があるはずだ。各店の仕入れの予想額を逆算して推理した客数である。

S店の総入れ替え方式には賛否両論があるものの、常に行列が絶えないのはや

はり、築地の看板を背負っていることも十分にある。その期待に答え続ける

ことと、心無い中傷に耐えることも繁盛店の使命だと思う。しかし、ちゃん

と寿司を握っている2店とあと数店のほかはどんぶり店の延長とチェーン店

とそれに順ずる店ばかりで場外に関してはちゃんとした寿司店を探すのが難

しい状況なので築地を訪れて「寿司」に思いを寄せる方はとにかく、老舗を

探して来店することが無難だが「味・サービスなど」落ちぶれた店もあるの

で要注意したい。(以下次号)

2009年・大みそかまで 今年の築地場外事情その14

 築地場外の騒音となっている「大声・おごるよ!半額屋」は10月19日は騒

音メンバー不在で葬式のように静まり返っていたが翌日は男のメンバー二人

が復帰して、いつものような「えげつない売り声とだみ声」を張りあげてい

た。今後の展開次第でまた、お伝えすることになると思うが、本日、来店さ

れたお客様から「大声・・・・」の素性を知っているとひょんなことから話

題になった。もとは関西の催事業者で売る実績はあるが品のなさと品質の悪

さから関西の量販店では場所を提供するところがなくなり、きっと、築地に

出てきたのだはないかということだ。しかし、こんな輩を受け入れてしまっ

た築地の評判が落ちていくのも目に見えることと嘆いていらした。良い製品

を築地らしく、プロの見立てに見合うものを販売いていくことが「築地」を

冠にする店の使命だと思う。(以下次号)

築地 いなせや のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
築地 いなせや